ytwelfare のすべての投稿

「老後の資金がありません」

2021/8/15

「老後の資金がありません」

—喜劇舞台—

社会福祉士 北村弘之  

2019年に物議を醸しだした麻生太郎氏の「老後資金2000万円」。50歳代の多くの人は、そんなお金はいまさらどうやって稼げればよいのか。毎月天引きしてされている年金で生活できるはずではなかったのかと大騒ぎになりました。

実は専門家であるファイナンシャルプランナーは、この発言は現状の日本の社会を現わしているということを聞きました。つまり、定年を迎えた時期には、最低限2,000万円の預貯金は必要なのだと。もちろん家族の事情で異なります。この要因の一つに、老後の年金額は頭打ちであること(増えることがない)。また公的な医療・介護保険料の負担はますます増えて、窓口の負担割合も増加しているからです。

私は、社会福祉士として、この10年間に通算17名の「後見人」を受任してきましたが、その多くの人は預貯金50万円前後で生活しています。日本社会の社会保障制度は、生活困窮者に重点をおいており、最後の砦は「生活保護」制度というセーフテイーネットで守られていますので資金面では安心です。(人権の側面では不安はあります・・・)

さて、タイトルにあります劇場喜劇版「老後の資金がありません」を鑑賞してきました。ダブル主演の渡辺えりさんと高畑淳子さんの共演です。舞台は、両名の家庭の悲喜こもごもな生活をコミカルに表現していました。娘の結婚費用300万円負担のことからはじまり、親の葬式費用の負担を兄弟のどちらが負担するか、親の生活費、そして親が認知症になり徘徊している様子、また突然やってきた定年前の夫の会社倒産による退職金なしの姿、老後の年金詐欺を図るなど本当に現実的な話題が次々と出でくるのです。その中で主演者は、人間はどうしても「見栄を張っている」という発言がありました。片方の家族(高畑さん方)は葬儀の際、坊さんを呼ばない選択していることの話を聞くと、もう一方(渡辺さん方)の家族は葬式費用に300万円をかけたのは、「見栄を張っていた」というのを告白するのです。

私もそうですが、人間って他人に対してどうしても強がりを言ったりしますよね。それが、原動力になりプラスに向くこともありましょう。しかし、その反対に「まずかった、あのように言わなければよかった。もっと慎重に考えるべきだった」という想いもあるでしょう。

舞台のエンディングで、主演者は「この先何とかなるでしょう」ということを前向き語っていました。長い人生、気持ちはそうでないと過ごせません。日々一日を楽しく暮らすことが人間によいのではないかと改めて感ずる3.5時間の舞台でした。

この舞台は、東京(~8/26)と大阪(9/1~15)で公演されます。この他10月には同じタイトルで映画の上映があるようです。原作は、ともに2015年に発表されています。               以上

 

男性の介護5か条

働き盛りの人の「親に介護が必要になったら」

今回のテーマ「男性の介護5か条」  No.6       発行9/25/2021

男性の介護者が最近増加にあり、ある統計では介護者の4割は男性となっています。過去においては、妻が夫の両親の介護をすることが一般的でしたが、世帯が離れ離れになっていること、また女性の社会参加により、夫の両親は夫がみて、妻の両親は妻がみるようになってきました。

そこで、特に男性の介護に必要な項目を挙げてみました。(下図)参考にしていただけたらと思います。

図6-1.男の介護5か条 図

特に、一人で介護のことを抱え込まないための「支援の輪」(下図)も掲載しました。(朝日新聞編集) 関わる人が多いほど、様々な情報収集ができます。決して、一人では悩まない抱え込まないようにしてもらいたいです。

6-2. 男の介護 支援の輪 図

以上

印刷される方は→親に介護が必要になったら NO.6

働き続けるための工夫

働き盛りの人の「親に介護が必要になったら」

今回のテーマ「働き続けるための工夫」  No.5       発行8/25/2021

親に介護が必要になった時、その子供である人の多くは50歳前後で、その多くの人は仕事の中心的な役割を担っている人なので、すぐに親の面倒を見ることは困難です。また親の介護ために仕事を辞める人がいますが、その結果収入が減り、経済的な困窮が一層増しているという統計が出ています。介護の期間は、人それぞれですが約半数の人は4年未満という統計があり、平均では約5年です。(下図)

5-1.介護は何年続くか 図

厚労省の統計では、介護を機に仕事を辞めたあとの変化を調査した結果があります。これによると、辞めたあとでも精神的な負担は65%の人に負担が増した。また肉体的には56%の人に負担が増したとあります。経済的には80%近くの人に負担が増えたとあります。

つまり、介護のために仕事を辞めたことで逆に精神的に肉体的に、しかもお金の面でも負担が増しているということです。(下図)

5-2.離職時の変化 図

ここでは、働き続けられる制度をご紹介します。

一つは、このような社会的事情を考慮した「介護保険制度」です。是非この制度をうまく活用したいものです。第2回目にあったように「相談窓口」を訪れ、現状の問題を訴え、どのようにしてほしいかを説明することで適切なアドバイスを得ることができます。

もう一つは、働く人にとっての「介護休暇と介護休業制度」です。勤務先の会社の就業規則にありますので上手に利用してみることです。制度利用の前に、職場では、親などに介護が必要になった際、自分ひとりで悩みを抱えずに上司や人事部に事情を話すことが一番大事です。それは仕事の調整や休暇のとり方につながるからです。

また、有給休暇は給与の保証がありますが、介護休暇(原則、年5日)と介護休業(原則通算93日間)は残念ながら法的には無給となっていますが、介護休業の場合は雇用保険から67%の給付があります。法定上の93日間の介護休業の期間は、福祉や介護の専門家に相談する時間で、親の精神的な支えに充てます。介護は長期戦です。決して自分で介護する時間ではないことを意識しておきましょう。

一度、自分の会社の就業規則を見ておくことはよいでしょう。

以上

印刷はちら→親に介護が必要になったら NO.5

痛くない死に方

2021/4/10

「痛くない死に方」

—ついに映画化—

社会福祉士 北村弘之  

2016年に発刊された医師である長尾和宏氏の著「痛くない死に方」が映画化され、この2月より公開されました。早速見てきました。”このような死に方もあるんだ”と改めて知ることができました。

誰にでもやってくる死。昭和30年代は、まだ我が国は医療の発展途上期であり自宅で命を全うするのが一般的でしたが、周りの人は、死に行く人の姿を通していずれ来るであろう自分ごととしてとらえることができました。そして、「死」を間近くに経験することによって亡くなった人のことを偲びながら語り明かしたものでした。私の祖父母が亡くなった幼児期にはそうでした。

 しかし、高度成長の発展により都会に人が移りはじめ、そして核家族化が進み、いつのまにか我々にとって「死」の場所は医療機関というのが当たり前のようになってきました。

タイトルの原作は(映画と同名)は、尼崎市でクリニックを開設している医師長尾和宏氏の著です。ここでは数名の医師と一緒に診療にあたっており、24時間365日の自宅への訪問看護も行っている医療機関なのです。その中心的な役割である長尾医師は、現代の治療方法は「医療=薬」となっているのではありませんか?という問いかけをしています。彼は医師の役割は、その人の生活を見直すことであり、薬はその補助であるべきだと言っています。

さて映画では、ガン末期の2人を、「痛いおもいをして亡くなる人」と、それなりに医療スタッフや家族とともに緩やかにそして「痛み少なく亡くなっていく人」を映像化しています。前者は、終末期を病院で過ごすよりも自宅で過ごしたいという想いで在宅医療を選んだものの、不慣れと経験の乏しい医師の振舞いの中、家族ともども痛みを続けながら亡くなっていくものでした。後者は、患者本人が自分の終末期を悟り、自宅で過ごしながら、治療中心より、患者の心を意識した医師と家族の力で痛みのない終末期を過ごしている姿なのです。

各場面で、緊迫するシーンがあり、人間はこのように亡くなるのかというのがリアルに伝わってきました。特に下顎呼吸です。医師はこのよう時を「台風上陸」と言っていました。上陸した台風が通過すると我と穏やかな晴天(死)がやってくると比喩していました。

この映画監督である高橋伴明氏は1949年生まれ。映画を通じて「死を考える」よりは「生き方を考える」ことが大切と著に書いています。その監督の終末川柳作品をいくつか紹介します。

・延命の 家族愛とは エゴイズム

・自尊心 紙おむつが 踏み潰す

・救急車 在宅看取り 夢と消す

・尊厳を 遠くの親戚 邪魔をする

・良い数値 出るまで測る 血圧計

この映画に出演された女優の坂井真紀さんの言葉です。「子どもは小さいうちは目が離せないし、四六時手がかかるじゃないですか。死ぬときも手がかかるんだ、ということが自然なことと認識されたら、きっと家族も社会も当たり前にフォローし合えますよね」 この言葉に私と妻の両親の見送った振舞いに反省しています。                                                 以上

介護認定申請手続きを理解しましょう

働き盛りの人の「親に介護が必要になったら」

今回のテーマ「介護認定申請手続きを理解しましょう」No.4   発行7/25/2021

介護保険は2000年に施行された第5番目の公的保険です。少子高齢化の傾向や、核家族化による介護の担い手が不足することなどを見越し、国が’80年代から検討がされてきました。

現在の介護保険制度では、65歳以上の第一号被保険者と40歳~65歳未満の第二号被保険者がいます。圧倒的に第一号被保険者が多いのですが、パーキンソン病や慢性閉塞性肺疾患等16種類の特定疾病をもつ第二号被保険者の人も介護サービスを受けることができます。

65歳の誕生日近くになると行政から介護保険被保険者証の送付があります。しかし介護が必要となる心身の状態にならないとサービスは受けられません。介護サービスを受けたい場合は、「要介護・要支援認定」の申請書を市区町村窓口や地域包括支援センターに申し出る必要があります。かかりつけ医等の医師診断書や自宅訪問等により、どのくらの状態なのかを見極めて、程度の軽い要支援1,2から要介護度1~5と7段階の介護度の程度が決まります。(下図)

4-2.要介護認定の流れ 図

申請手続きは無料で、介護度の判定が出るまでには約1か月がかかりますが、その間に介護が必要な人はとりあえず自費でサービスを受け、介護認定後に償還依頼することになります。

介護サービス内容は要介護度により異なります。また、在宅で受けるか、施設サービスで受けるかによってもことなります。詳しくは、下図を参照下さい。

4-1.介護認定とサービス 図

介護サービスを受けるには、3つの書類があります。(図 4-3.参照)

  • 「介護保険被保険者証」 (下図 上段 表面と中面)
  • 「介護保険負担割合証」 (下図 下段 左)

自己負担額は本人の所得額により、1割負担か2割負担か3割負担かが決まります。

  • 「介護負担限度額認定証」 (下図 下段 右)

施設入所や短期入所者を対象に所得の低い人向けに所得に応じた食費や居住費の負担限度額が設けられており、自己負担が軽減される仕組みです。

4-3-1.介護保険証等3種類

以上

印刷はこちら→ 親に介護が必要になったら NO.4

7年ぶりに見る原発被災地

2021/6/07

「7年ぶりに見る原発被災地」

—福島県 楢葉町、大熊町、双葉町、浪江町—

社会福祉士 北村弘之  

今年3月11日、東日本大震災は10年を迎えました。これまで、私は大震災の年にボランティアとして宮城県や岩手県の被災地支援、そして2014年には岩手県沿岸部の被災地巡りと福島県の原発被災地を訪問しました。また再び2019年には復興目覚ましい石巻市を訪問したのは、この未曽有の災害そして復興を自分の眼で確かめたいという思いからでした。今回は、’20年9月福島県双葉町に完成した「東日本大震災・原子力災害伝承館」を友人と一緒に訪問してきました。

【国道6号線は除染物を運ぶダンプカーそして観光バス】

国道6号線をいわき市から双葉町に向けて走っていると、7年前にいたるところにあった「除染物」は殆ど見当たりません。それもそのはず、’21年秋を目標に大熊町や双葉町の集積地(中間貯蔵施設)に汚染土が県内各地から集められているとのことでした。そのため、写真のような「除染土壌」の旗を掲載した大型ダンプカーがひっ切りなしに走っています。一日あたり3,000台になり、高速道路でも頻繁に見ました。そのダンプカーはモニター付きで、運搬時の万が一の事故のことを考慮してどこを走行しているかを本部でチェツクしているとのことでした。

常磐道を走る「汚染土」運搬ダンプカー 前面の緑色のステッカーが印象的

また国道6号線には観光バスも多く走っているので、関係者に聞いてみると、何と原発事故の後処理に従事する作業員の送り迎えのバスなのです。現在は約4,000名の人が働いているとのことです。多くは土地の人でないため、いたるところに立派なプレハブ建屋があり、そのまわりにはコンビニがあったのが普通の土地と違った不自然さがありました。これが、今後数十年続くのでしょう。

【多くの帰宅困難区域】

東日本大震災・原子力災害伝承館を訪問しました。名前のとおり、大震災と原発事故の記録をとどめると同時に、防災と減災の教訓として未来へつなぐというものです。私の感想として原発の事故原因が何であったかということには一切触れていないので残念でした。

展示物を見たあと、語り部をしていた人の好意で、浪江町・大熊町・双葉町の今を車で案内していただきました。国道6号線の両側約6kmは現在でも帰宅困難区域となっており、家の前には侵入しないためのバリケードが張り巡らせてあり、この光景はずっと長く続くものと推測されます。我々が見たJR大熊駅周辺は電車の乗り降りはできるものの、周辺はバリケード。ちょうど環境省の財源で家を壊しているところも見られました。町はまさに廃墟としています。

今回は海岸沿いの被災地が訪問の中心でしたが、畑やたんぼがあったその周辺はどうなっているか容易に推測できるものでした。

新装なJR双葉駅  乗り降りは遠地からくる作業員のみで一般の人はいない。この周辺も帰宅困難区域
JR大熊駅前 駅前の住宅地はバリケードで囲まれて帰宅困難区域となっている

 

【続く原発再開に怒り】

私は、この10年前に発生した原発事故は人間が判断を誤った人災であると考えています。最近、このような地元住民や国民に大きな影響を与えた原発の再稼働が容認されています。それにまして、原発で使用された「核燃料の廃棄物方法」が決まっていないということはそれ以前の話です。我々で言えば、食べ物を口から入れて、排泄したにも関わらず、そのまま自宅に放置されている状態なのです。ですから、どこの原発も現在は同じ敷地内に放射性廃棄物を「仮置き」と称しておいているのです。この仮置きの先は決まっていない状況です。このように再稼働の安全が担保されようが、放射性廃棄物の処分先が決まっていない状況での再稼働はまったく理にかなっていません。

遠くの白い建物は廃炉になる原発。写真の送電線は原発から東京方面ら送電されていたもの。今後解体されるのでしょう。写真両側に小さく見えるのは解体用の大型クレーン。

以上

東日本大震災・原子力災害伝承館の屋上から見る太平洋。たぶん震災前は住宅や農地、防風林があったのではないだろうか。この場所から約5kmのところに原発がある。現地は双葉町にあり、写真左側には旧請戸小学校がある。(浪江町)

いろいろな介護サービス

働き盛りの人の「親に介護が必要になったら」

今回のテーマ「いろいろな介護サービス」  No.3   発行6/25/2021

介護サービスには、介護度(認定)によって受けられるサービス限度額があります。これを利用限度額といいます。一番重い介護度5の場合、1か月あたり36,065単位(金額換算でおよそ36万円)のサービスを受けることができます。これは在宅時の介護サービスで施設サービスの場合とは異なります。あくまで介護保険制度における限度であって、保険外による自由なサービスの選択もあることを認識しておきましょう。

介護サービスには大きく2種類あります。ひとつは自宅でサービスを受けられるいわゆる「在宅サービス」というもの。もう一つは施設に住み替えて包括的に介護サービスを受ける「施設サービス」があります。この他に、民間が経営している有料老人ホームや市区町村認可の「認知症グループホーム」で包括的な介護サービスを受けることができます。

住み慣れた自宅で介護を受けて過ごす際には、廊下やふろ場に手摺を設置し安全に過ごすための住宅改修補助のサービスを受けることができます。また、車いすや介護ベッドのレンタルも介護保険のサービスとして利用できます。但し、車いすのレンタルは要介護2以上の人が保険適用となります。(図 3-1.)

また、介護保険外のサービスとして、配食サービスなどもありますので詳細は地域包括支援センターで確認して下さい。各自治体で独自のサービス提供になっています。

(図3-1.)

3-1.介護サービスの種類 図

以上

印刷はこちら→ 親に介護が必要になったら NO.3

こころの相続 

2/12/2021

こころの相続

著:五木 寛之

北村 弘之(社会福祉士)

コロナ禍の影響で本を読む機会が増えました。本を読むと空想や興味が沸いてくる。時代小説は、その時の社会背景がわかり、また人間関係の妙な気持ちの変化が見えて面白いのです。またエッセイは小説と異なり、書き手の想いがよりいっそう伝わってきます。その一人に作家五木寛之氏がいます。彼は、本の出版はもとより雑誌のコラムや講演会にもよく出ており、身近な例を取り上げ、しかも平易な文書であり私にとって何か人生感を訴えるものがあります。最近読んだ本が標題のものです。

【こころの相続とは】

著者は、長い人生経験の中から人が相続するものはモノ(不動産やお金等)だけでないことを知ったということです。それは、親から子、そして孫へ引き継がれるものを言っています。例えば、魚をきれいに食べて骨だけにする「魚の食べ方」や、「喋り方や仕草」 「靴の脱ぎ方」まであるというのです。最近ひも付き靴を履く機会が減りましたが、靴を脱ぐときに丁寧にヒモを外すして脱ぐ人もあれば、無造作に脱いでしまう人もいるとのこと。これらは、親の躾からきたものなのでしょう。親は自分の子どもを育てる時に、他の家やよその人に恥ずかしくないようにしたことが大きく影響したのでしょう。

改めて考えさせられる「こころの相続」の一コマでした。魚

 

【記憶力よりも回想力】

著者は、人生の後半、すなわち下山期を迎えて初めて過去を振り返るようになると記しています。この下山期(私が思うに定年後だと思います)は、まさに人生の成熟期であり、この時こそ「回想による相続」が適期と言っています。だから、回想するための「モノ」は捨てないで、大切な思い出として取っておくことが大切言っています。私が回想するのによいものは「写真アルバム」や「子どもの時の文集」です。アルバムでは結婚式の集合写真で懐かしい顔を思い出したり、旅行の写真では、その時の偶然の出来事を思い出したりと懐かしさが時間を超えてやってきます。「過ぎた日々を思うと、あたたかいものが、心の中にじわーっと広がっていく。それは何と幸福な時間でしょうか」と著者は記しています。

私も、まさにこの成熟期の真っただ中の一人です。最近、中学一年生の時の文集が見つかりました。その中に私のものが二編ありました「落書きを思う」と「うちの両親」です。当時、文章を書くことは好きではありませんでしたが、今読んでみると、自分の気持ちが表れており、現在につながる自分自身の「こころの相続」となっているような気がしました。

著者は、「回想力」の章でこのように記しています。「同じ話でもかまわない」。父母は老いてくると、同じ話をよくしました。聴いている私は「その話を何回も聞いた」というと、「そうか」と父母は言っていました。しかし、著者は、何回も同じことを話すことで話を整理しているというのです。古い過去の話は、記憶に残っており、それを何回も話しながら整理していくことは、聞き手は退屈でも、話し手である年寄りには脳の活性のためによいことであるというのです。専門家は、根気よく耳を傾け、その話に関連したエピソードを聞いて話し手の記憶の幅を広げることが大切と言っています。

著者は次のようにまとめています。「人間と人間が向き合う。お互いの息づかいが聞こえるような距離で何かを学ぶ」 つまり、一つの思想とか学問とか信仰とか、芸能などでも、人間が手を伸ばせば届くぐらいの距離で向き合い、肉声で伝えてこそ、相続できるものなのです。

コロナ禍後に存分にそうしたいものです。

会話 

 以上

印刷はこちら→ こころの相続 著 五木寛之

「死を生きた人々」を読んで

2/2/2021

死を生きた人々

(訪問診療医と355人の患者)

著:小堀 鴎一郎

北村 弘之(社会福祉士)

2018年6月にNHKで放映された番組を本にしたものが「死を生きた人々」です。これは多くの共感を呼び「人生をしまう時(とき)」というタイトルで映画にもなりました。私はNHKで放映されていた「在宅医療」の現実を目の当たりにしました。そして今回、そこに登場した小堀医師の著を読み、改めてもっと「生きること、そして死ぬこと」に真剣に向き合うことが必要と感じました。

死を生きた人々 表紙

在宅医療と在宅死

私が子ども時代、祖母が病気になると父は往診医を呼んで診てもらっていましたが、現在は往診という言葉は死語となり、代わりに「在宅診療医療」と言われています。この仕組みは、通院できない人などを対象に医師や看護師が定期的に自宅を訪問して患者の容態を診るものです。

2012年は新生在宅医療元年と言われています。この狙いのひとつに医療負担額の絶対額減があります。著によると、入院の場合、救命・根治・延命が主目的となっており、そのためには薬剤費や検査費用がかさむのに対し、在宅診療の場合は、特に看取りが前提となった場合は、苦痛を取り去るだけの治療となり、医療の目的が違いこともありますが訪問診療と入院での医療費は10倍の開きがあるということです。

しかし、在宅療養診療所の届け数は、13,000以上あるにも関わらず、看取りを実施した診療所は全体の5%ということです。この数字は、いざとなった時、多くの家族や医師は「病院」に入院させるということからでしょう。1951年当時、病院で死を迎える人は11.7%で圧倒的に自宅だったようです。私の祖母もそうでした。(1966年死去) 現在もその割合に大きな変化はないようです。

小堀医師によると、その原因は「死を忌み嫌う国民感情」つまり、家族間で死の話はタブーであり、病院に担ぎ込めれば何とかなるという意識が長い間に醸成されたものであると言っています。また医療技術は発達し、医療・看護関係者の間では「死は敗北」といった意識が生まれ、「延命至上主義」の風潮が広まり、国民の間でもその意識が広がったことによるとあります。

米国との比較では次のような書かれていました。米国ではホスピス、つまり「死なせる医療」が進んだのに対し、日本では「生かす医療」一辺倒で進んできたものであろうと。

小堀医師は、40年の外科医から訪問診療医(65歳)に転じたあと、355人の患者を診てきた。著の中でそのうちの41事例を紹介し、患者の症状や患者の想い、そして家族の感情を記した上で、医師として何をすべきだったかを回顧録的に発信しています。病院死が一般化するにつれ、自分や家族がいずれかは死ぬという実感がなくなり、死はドラマや小説の中に出てくる出来事でしかなくなったとも。

私は、在宅死か入院死かの選択は本人の想い、家族の仕事や生活の状況を踏まえた上で、一方的な医療側の都合だけによらないことが大切であろうと思った次第です。

生き方はもちろん大事ですが、死に方も大切であることを先人からもっと学ぶことが不足している現代です。

 以上

印刷はこちら→著 小堀鴎一郎 「死を生きた人びと」を読んで

介護が必要になった時の相談窓口

働き盛りの人の「親に介護が必要になったら」

今回のテーマ「介護が必要になった時の相談窓口」  No.2  発行5/25/2021

前回はどのような時に介護が必要になるかを説明しました。今回は、その相談窓口先です。介護者(多くは家族)にとって、これまで経験したことのない下の世話(排泄)や慣れない食事の世話、入浴介護が毎日続きます。

そのような介護者にとっては、まずは地元の「地域包括支援センター」に相談して下さい。この組織は公的機関で親の住所地の中学校区に一つはあります。適切な助言や介護支援が受けられます。(図 2-1.)

2-1.介護相談 図

(図 2-1.)

その時、適切な助言や介護支援をしてくれるのがケアマネジャーです。(図2-2)

ケアマネジャーはどのような方法がその人にとって最善の介護かをケアプランとして作成してくれます。特に、在宅で介護を続ける被介護者やその家族にとって大変大きな力となってくれます。

2-3. ケアマネジャーの役割 図_001

(図2-2)

病気や怪我で退院後の相談先は、病院内の医療相談室になります。一人で迷わず、周りの人に声をかけて適切な相談先をみつけるようにしましょう。(図 2-1.)

また、認知症が見られた時は、まずは「かかりつけ医」に相談しましょう。そこから、認知症の専門医がいる認知症疾患医療センターを受診していく道筋もあります。認知症は、現代の医学では根本的な治療薬は開発されていません。認知症の症状の緩和をしてくれる薬を選択していくことが肝心となりますので、早めの相談、医療機関の受診(図2-3.)がよいでしょう。

2-2. 認知症相談窓口 図_0001

(図2-3.)

以上

印刷は→親に介護が必要になったら NO.2